HOME

大会規定・実施要項

HOME > 秋季リーグ戦 > 大会規定・実施要項

大会規定・実施要項

(1)  原則として、第1試合の開始時間は、プログラムに記載されている時刻とする。

(2)  第2試合は、予定時間にかかわらず第1試合終了後、引き続き行うものとする。

(3)  試合日程表には、(先攻)−(後攻)の順の加盟校が記載されている。なお、先攻チームは 三塁側ベンチに入ることとする。

(4)  試合は開始後2時間15分を超過した場合、延長イニングには入らない。ただし、秋季リー グ戦においては、2時間10分とする。

(5)  オーダー表は、第1試合のチームは試合開始40分前に、第2試合以降は前試合5回終了時に 本部に3通提出する。ただし、名前にはフリガナをつけること。

(6)  リーグ戦においては、得点差によるコールドゲームを設ける。コールドゲームは、5回以降 10点差以上、7回以降7点差以上とする。ただし、決勝トーナメントにおいては、この限りで はない。

(7)  雨天または日没にかかわる試合の成立は、5回終了時とする。

(8)  試合前のシートノックは7分間で、後攻チームが先に行う。第1試合は、試合開始予定時間 の30分前にノックを開始する。ただし、試合進行や天候の状況により、ノックを行わない場 合がある。

(9)  試合中に降雨、または事故等で試合が中断した場合は、雨がやみ次第あるいは事故処理が 終了次第、速やかに続行する。なお、続行不可能な場合は、当連盟規約によって処理する。

(10)  雨天の場合等、試合開始不可能と思われる場合は、連盟事務局にチームの代表者が連絡を すること。原則として、連盟事務局から加盟校には連絡を行わない。

(11)  別途定める連盟公認バット以外の使用は認めない。

(12)  試合中、ベンチ入りできる者は、当連盟に登録されている者に限る。

(13)  公認野球規則8・06項に関しては、明確に監督あるいはコーチがバッテリーをベンチに呼 び戻した場合、または監督あるいはコーチがバッテリーのところへ指示に行った場合のみ適 用する。

(14)  捕手または内野手が、一試合に投手の所へ行ける回数を、九イニングスの試合にあっては 4度、七イニングスの試合にあっては3度以内とする。ただし、監督またはコーチと共に 行った場合は除く。

(15)  その他、本規定・要領にないものは、関東地区大学準硬式野球連盟競技運営に関する注意 事項を適用するか、または当連盟の理事会において決定する。

ページトップへ